ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
「暴れん坊天狗」の元ネタ?
暴れん坊天狗」というファミコンの珍ゲームがありまして、自機が天狗の面で、アメリカの都市を破壊しまくって、人を食べる(というふうに見える)ゲームなんですよ。
で、はじめて見たときに、なんか既視感あるなー、いやいや、そんな珍妙な情景と過去に出会っているはずがない。そう思っていたのですが、ようやく謎が解けたよ、じっちゃん!
江戸川乱歩の短編「防空壕」(江戸川乱歩全集 第19巻 十字路収録)です。
 僕はあの頭上に迫る巨大な敵機から、なぜか天狗の面を連想した。まっ赤な天狗の面が、空一ぱいの大きさで、金色の目玉で僕を睨みつけながら、グーッと急降下してくる。悪夢の中のように、それが次から次と、まっ赤な顔で降下してくるのだ。
『暴れん坊天狗』は、この描写にインスパイアされてうまれた!のではないですか? ないですか? ないですよね。

「防空壕」は、空襲をうけ東京が燃えている様子にうっとり、敵機の驚異にうっとり、綺麗だなーというアンモラルというか、モラル以前の美に酔うという短編で、面白いです(オチの章は蛇足っぽいけど)。


平田オリザ『演技と演出演劇入門を読んで、すっかり平田オリザファン(でも舞台は一度も見てない)。池袋ジュンク堂へ行ったら、その2冊と並んで平田オリザ芸術立国論があったので、購入。ぼくの中の「池袋ジュンク堂・書棚評価」がアップ。
そういえば、日本最大級って冠の本屋が次々オープンしてますが、最大級の級って言葉は、最大ランクだよーって意味なので、最大じゃなくてもつけていいみたいで、便利な言葉なのだーーということを知りました。
[PR]
by gogoyone | 2004-09-26 02:08 | game
<< 千と千尋のクラバート ダウンタウンへくりだそう、だったのな >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム