ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
方言ヒロインを探せ!!
エキサイトブックスは、方言ヒロインを探せ!!
方言を喋るヒロインが登場するマンガ特集。
担当は、うめさん。
米光が講師をやっている「デジタルコンテンツ仕事術」内で
企画コンテストをやって、
その優秀者に原稿を書いてもらう、
っていう実践授業。
ちゃんとギャラも出る仕事としてやってもらってるので
真剣勝負特訓ですよ。
うめさん、おつかれさまです、ひとまず、よくやった! わーい!

[PR]
# by gogoyone | 2005-01-27 01:38 | デジタル仕事術
デジタル仕事術第8回の概要
デジタル仕事術第8回の概要
ゲスト:林雄司

■偽タイムスケジュール
0730:出席
0740:林雄司さんの紹介
0800:しかられちゃったベスト10
0830:質問コーナー
0845:課題・プロジェクト
0850:次回予告

■0730:出席

■0740:林さんの紹介
http://mixi.jp/view_event.pl?id=393032

■0800:しかられちゃったベスト10
内緒です。

■0830:質問コーナー
みんながバンバン質問します。

■0845:課題・プロジェクト・次回予告
プロジェクト経過報告
プロジェクト1:mixiを!
プロジェクト2:ブログを!
プロジェクト3:エキサイトブックスの記事を!
プロジェクト4:インタラクティブなものを作る(5秒編)
プロジェクト5:「愛のシャングリラ」シーンを作る
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-25 15:10 | デジタル仕事術
愛のシャングリラと伏線と
デジタル仕事術第7回の感想
a0016543_317672.gif
後半に突入。

前半は、基礎編のつもりで
こーいうふうに作ればいいんだ!
みたいな気づきを伝えるのが中心の授業だった。
みんな面白く受講できたようで、
脱落者0名。
みんなすごいよ!a0016543_317338.gif

後半は、基礎実践編に入る。

チーム分けして、
「愛のシャングリラ」(課題「きっかけの十五秒」で提出してもらった作品)から発展させて、
チーム毎に他のシーンを作ってもらう。
そして、チームで出したシーンを白板に書いてもらって、
説明してもらった。a0016543_3174631.gif

今回のように実践的にやると、
たんなる「メモ」的な理解じゃなくて、
ちゃんとした実感として、
より実用的なおみやげを持ち帰れると思う。

前半は、こちらから伝えるのが中心だったので、
「おお、ここはメモメモ!」みたいな感じで、
誰でも、明確なおみやげを持ち帰れた。a0016543_3175933.gif

後半は、メモ的なおみやげではなくて、
実感につながるようなおみやげになればいいな、と思う。

今回のシーン出しでも、
やっているうちに、
(前半でやった)「インテリ」と同じ構造だってことに
はっきりと気づいた人がたくさんいて、
その実感は、実用的なおみやげになったと思う。a0016543_3181559.gif

ただ、汲み取れる幅が人によって大きく違ってくるだろうなー
ということと、
メモみたいにはっきりとした形でのおみやげじゃないから、
お得感が、わかりにくい
ってところが心配ポイント。
人によっては、
前半のほうがいいなーと思っちゃうかもなー。a0016543_3183329.gif
もちろん
そうならないように伏線は張ってて、
前半で伝えたメモ的な部分が、
後半の基礎実践編で、
「このメモはそういうことだったのか」
と改めてわかる、
(というかメモ的な理解が実感に変わる)
ような構成で考えてはいるんだけど。
受講生のみなさんも、「やるぞ!」な気持ちでよろしく。
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-25 03:25 | デジタル仕事術
mixi
「デジタルコンテンツ仕事術」に関する内容が、最初のころより薄くなってる!
と、講座に来てない人は思われるかもしれないが、
実は、mixiの「デジタルコンテンツ仕事術」コミュニティが活発化して、
こちらで書く必要が減ってきているためなのでした。

講座に来ている30人全員がmixiに入っているという凄い状態
で、コミュニティでは、
トピックが20以上たって、どんどん積極的にやりとりが行われている
(10日で100以上発言あったり)。
また自主的に受講生が、次の講座について、
ゲストの方のプロフィールとか調べて、イベントとしてあげてくれて、
質問があがっていたり、やりとりがあったり。
また講座の感想やリポートもmixiで書いてる人が多い。

時間がないので講座以外はあんまりいろいろ出来ないって人も、
講座内で基本的に完結して、参加できて、
でも、
積極的に参加、行動したい人は、その後もいろいろできる、
というのは、ネットがあってこそ、かも。

というわけで、実際には、講座に関してのネット利用率は
どんどん上昇して、濃くなっていたりするのでした。

mixiって、グループで何かするときに、
とても便利にできてるなーと、改めて実感。

講座に来ていない人で、
どういったことやってんのかなーとか思って
このページを見ている人には、
伝わりにくくなってて、ごめん。
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-22 13:53 | デジタル仕事術
飯田和敏さんとインタラクションと
a0016543_16115990.gif第6回は、飯田和敏さんを迎えての講義。
『アクアノートの休日』『太陽のしっぽ』『巨人のドシン』と時系列順に、
製作の構想や、その構想をどう共有するか、という話。
和敏さんが、「ゲームをどう考えているか(インタラクションについて)」ということが、すごくよくわかる90分で、盛り上がった。

和敏さんは、白板の使い方がうまいなー。

a0016543_16113227.gif講座の様子は、次号の『ゲーム批評』で掲載。といっても4ページにはおさまらず(&書けない話もあって)、大幅にカットしなければならなかったのですが(『太陽のしっぽ』あたりの話は全然はいらなかった)。

課題。
課題「きっかけの五秒」で提出してくれた中のひとつを発展させて、
新しい画面を二三場面作る。
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-20 16:13 | デジタル仕事術
血だけは真っ赤にしよう、それじゃ18禁か
家庭用ゲーム機のゲームは、普通、赤い血が出ると、年齢制限しないとダメーとか言われちゃう。で、モンスターの血を、ちょっと紫っぽい赤にして、「紫ですから」って、かんべんしてもらったり、いろいろあるのでした。

(1月14日アップ予定の「ベストセラー本ゲーム化会議:こころ編」の脚注です)
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-14 01:04 | BGK
勝手に死なずにちゃんと言え
自殺することで、奥さんがどれほど苦しむかって考えたのかな、先生は。自分の汚点を隠して、意味不明な自殺をしちゃう、って。妻を「なるべく純白に保存しておいてやりたい」などという理由も、自分の汚点を隠すための独り善がりな言い訳にしか思えない。
しかも、奥さんが、“殉死でもしたら”ってからかった後で、自殺するんだよ! 奥さん、悔やんでも悔やみきれないよね。純白どころじゃないと思いますよ、普通。

って、登場人物にこれだけ感情を動かされるのだから、そういう意味では凄い小説なんだなー、とか。

(1月14日アップ予定の「ベストセラー本ゲーム化会議:こころ編」の脚注です)
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-14 01:03 | BGK
漱石の若者向けガイドブック
『文豪ナビ 夏目漱石』のこと。

基本的に、『ベストセラー本ゲーム化会議』のテーマ本になったら、そのテーマ本はじっくり読むけど、(作品以外の予備知識なしで喋りたいから)それ以外のガイド本や解説本は見ないようにしているんだけど、この本は、うかつにも、本屋でパラパラっと見てしまった。

大人が、若者にあわせるために汗ふきだしながらがんばってる感、満載のテキストがすごい本。
“実際に読んでみるとロールプレイングゲーム感覚で、止まらないんです、これが。”
“『それから』『門』は、連ドラばりの三角関係!”
“漱石の作品は、かなりヘンテコリンで面白い。”
“ケータイのなどない明治時代には、男女は手紙などでコミュニケーションを”
“漱石は、どこまでもマジメな求道者だった。「知的なバガボンド」と言ってもよい。”
なんて感じなのなー。

(1月14日アップ予定の「ベストセラー本ゲーム化会議:こころ編」の脚注です)
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-14 01:00 | BGK
デジタルコンテンツ仕事術7回概要
■偽タイムスケジュール
0730:動物チーム
0745:生きてる死んでる
0800:『愛のシャングリラ』大会
0815:『愛のシャングリラ』合戦
0830:ストーリーの構築について
0845:課題・プロジェクト
0850:次回予告

■0730:動物チーム
チーム分け
悲劇の運動会で一等賞

■0745:生きてる死んでる
講座の後半の目標
スタイルを発見するということ

■0800:『愛のシャングリラ』大会&合戦
提出画像を鑑賞
新たに展開を作ってみる

■0830:ストーリーの構築
ストーリーの構築で必要な技術は?
自分の中から、相手へと伝える方法

■0845:課題・プロジェクト・次回予告
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-11 16:47 | デジタル仕事術
がんばれ思考停止ちゃん3
以前、「がんばれ思考停止ちゃん2」というタイトルで、
「大谷昭宏フラッシュアップ」対話も感情もない「萌え」のむなしさを取り上げ、
思考停止してる人の文章の特徴をリストアップしたんだけど、
その大谷昭宏さんの新しい原稿(「大谷昭宏フラッシュアップ」趣味と犯罪の境界 社会が決めるべき)が、これまた凄い!
「思考停止してる人の文章の特徴」を、きちんと守ってます!
完璧ッ!
たとえば、後半のテキストから文末だけを抜き出してみよう。
ではなかろうか。
ではないのか。
のだろうか。
のだろうか。
私には思えない。

4/5が、“だろうか”タイプの文末。
思考停止文の特徴2・“と思うのだが。”“ではないか。”を多用する。
に該当です。
“その手の嗜好を持つ方たちから事務所あてに抗議の電話やメールが殺到。”
も凄い書き方で、抗議した人がすべて「その手の嗜好を持つ方」であるかのような書き方。これは、自分の意見に反対する人を、大雑把にくくって貶めるという粗雑な思考の見本で、
思考停止文の特徴7・大雑把すぎるくくりかたで話を進めてしまう。
に該当。
“だけど世の中にはさまざまな人がいる。みんながみんな、きちんと境界を設けられるものではない。そうである以上、なんらかの歯止めをかけることが必要なのではないか。”
なんていう思考の流れも、
思考停止文の特徴7・大雑把すぎるくくりかたで話を進めてしまう。
に該当でしょー。
というか、“フィギュアマニアや萌え族と言われる一部の人たち”という土台からして、くくりが大雑把すぎるので、そもそも何の主張にもなってないに等しいんだけどね。

あ、あと思考停止文の特徴を追加。
11・“欧米では”“(著名な)だれそれは”と、権威を盾にしただけで論証した気になる。
[PR]
# by gogoyone | 2005-01-08 01:00 | 思考





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム