ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
その違いって。
いや、なんか、誤解されそうな発言してますが。
どっちが良い悪いでも、好き嫌いでも、もちろんそういう意味での発言ではなくて。
ドラクエ的なものを作ることと、FF的なものを作ることを比べると、FF的なものは、たいへんそうだなーというぐらいの意味です(いや、ドラクエ的なものもたいへんなのは重々承知ですよ)。
FFは、たとえば、たとえばムービーでも、その現時点の最高レベルを超えて、未知のレベルまで突入して、しかも、大量に作るんだって方向性だけど、ドラクエは、そのスタイルをどんどん追求していくという方向性であるとか、そういう感じとか、いろいろ。
ベストセラー本ゲーム化会議半島を出よ編の脚注
[PR]
by gogoyone | 2005-08-15 01:30 | BGK
文学者たちは! って。
この後、“そんな難しいこと考えながら読むの?”って受けられるんだけど、もちろん読んでいる間にこんなこと考えてるわけじゃない。
娯楽として面白いものでも、ずっと心に残る娯楽と、そうじゃない娯楽があると思うのだ。そして、ぼくは、いままでの村上龍作品が好きだから、“ふつうに娯楽として、おもしろかっただけ”以上を期待しているのかもしれない。
『半島を出よ』は、10年後に自分の心に残るかなぁ、そうでもなさそうだなぁと思ったときに、どうしてだろう?と考えて、あのような和敏さんとの対話になってるんだと思う。
ベストセラー本ゲーム化会議半島を出よ編の脚注
[PR]
by gogoyone | 2005-08-15 01:30 | BGK
合ってないような気がして
情報小説やシミュレーション小説で、登場人物があまりにも個性豊かで深みがあると、なんだか、違和感ないですか? えーと、将棋で、金が「ぼくは真後ろにも下がりますよ、時と場合によると」とか、桂馬が「こういう局面では一歩一歩前進します」って言いだした感じで。登場人物の深みが、シミュレーション小説として不必要な深みになってるような。いや、もちろん『半島を出よ』は、情報小説でもシミュレーション小説でもない、のかもしれないけど。
ベストセラー本ゲーム化会議半島を出よ編の脚注
[PR]
by gogoyone | 2005-08-15 01:29 | BGK





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム