ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
合ってないような気がして
情報小説やシミュレーション小説で、登場人物があまりにも個性豊かで深みがあると、なんだか、違和感ないですか? えーと、将棋で、金が「ぼくは真後ろにも下がりますよ、時と場合によると」とか、桂馬が「こういう局面では一歩一歩前進します」って言いだした感じで。登場人物の深みが、シミュレーション小説として不必要な深みになってるような。いや、もちろん『半島を出よ』は、情報小説でもシミュレーション小説でもない、のかもしれないけど。
ベストセラー本ゲーム化会議半島を出よ編の脚注
[PR]
by gogoyone | 2005-08-15 01:29 | BGK
<< 文学者たちは! って。 「おかあさーん!」 >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム