ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
ページをめくる面白さ
後半のみんながおめでとうーってやってるところが想像以上に長いんだってのは、本のページの厚みで実感したり。
パソコンの画面で見ると、2ちゃんという世界観がしっくりするけど、本にすると、2ちゃんという現実がSFの設定もしくは文学的な実験のように感じられたり。

スクロールの面白さとページをめくる面白さの違いが体験できたのは、おもしろかった。
(「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です)
[PR]
by gogoyone | 2004-12-14 15:47 | BGK
<< 『さようなら、ギャングたち』 PK.ディック >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム