ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
教科書の副読本用
『早稲田文学』で読んだのだと思うのだけど、雑誌が見つからない。うぅ。
芥川が、教科書の副読本用にいろんな作家の短編を集めるという仕事をやっていた。ところが、上のほうから、この作品とこの作品を外さないと副読本にはできないと言われる。が、芥川は圧力にまけず、外すことはできないと返答し、結局、副読本にならず出版された。そのためたくさん売れたわけでもなく、芥川は儲かったるわけでもない。
収録する連絡はしていたのだが、いくつか連絡漏れがあったりしたため、人の作品を収録して儲けやがってと非難されたという経緯があったらしい。
そういったことのあったすぐ後で、芥川は自殺する。


15日アップのベストセラー本ゲーム化会議:芥川編の脚注です。
[PR]
by gogoyone | 2004-11-14 22:45 | BGK
<< 芥川龍之介は死んでない? 下人の行方は、誰も知らない >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム