ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
何かで読んだ
大塚英志『サブカルチャー文学論』でした。「三島由紀夫とディズニーランド」という章が、
“三島由紀夫の担当編集者だった川島勝による『三島由紀夫』のあとがきに「自決の年の正月、三島は家族でディズニー・ランド行きをたびたび提案したが、夫人は『豊饒の海』が完成した後にしたいと断っている」という記述があり、おやと思わせる”
という記述からはじまってます。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by gogoyone | 2004-09-13 03:29 | BGK
<< ありありと感じたのである 三島コレクションカード >>





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム